研究業績

A. 国際学会


<2010>
1. Iwasaki K et al. A Pilot Study of Banxia Houpu Tang, a Traditional Chinese Medicine, for Reducing Pneumonia Risk in Older Adults with Dementia. 7th world Stroke Congress, October 15, 2010 Seoul, South Korea

2. Iwasaki K et al. Efficacy and safety of yokukansan, a traditional Asian medicine, for BPSD in Dementia with Lewy Bodies. 7th International Congress on Mental Dysfunctions & Other Non-Motor features in PARKINSON'S DISEASE. 11 December, 2010 Barcelona, Spain

3. Watanabe M, Et al The acupuncture needle stimulation to LR3 (Taichong) increases blood flow volume in the brachial artery. 5th International Congress on Complementary Medicine Research, Tromso, Norway, May, 19-21,2010

4. Takayama S et al. Changes of blood flow volume in the superior mesenteric artery and brachial artery with abdominal thermal stimulation. 第15回国際東洋医学学術大会,千葉・幕張、2010

5. Igari M Serotonin Club Meeting Fantastic Success Montr?al, Quebec H?tel Omni Mont-Royal 9th - 11th, July 2010

6. Igari M, Shen H-W, Hagino Y, Fukushima S, Lesch K-P, Murphy DL, Hall FS, Uhl GR, Ikeda K, Sora I. Serotonin 1B receptor as a strong candidate for mediator of METH-induced behavioural sensitisation. 7th FENS Fourum of European Neuroscience at Amsterdam.アムステルダム2010

7. Igari M, Shen H-W, Hagino Y, Fukushima S, Lesch K-P, Murphy DL, Hall FS, Uhl GR, Ikeda K, Sora I. Role of serotonin 1B receptor in serotonergic prevention from methamphetamine-induced behavioural sensitization in serotonin transporter knockout mice. The Serotonin Club Meeting at Montr?al. (モントリオール2010).

8. S Takayama, T seki, M Watanabe, Y Monma, N Sugita, K Iwasaki, T Takeda, T Yambe, M Yoshizawa, S Nitta, N Yaegashi. The herbal medicine Daikenchuto increases blood flow in the superior mesenteric artery. 5th International Congress on Complementary Medicine Research (ICCMR)May 19-21 2010トロムゾー、ノルウェー

9. Seki T, Takayama S, Watanabe M. Blood Flow Volume as an Indicator of Effectiveness of Traditional Medicine Bio Korea 2010, Traditional Medicine COEX, Seoul, Korea September 1, 2010

10. Seki T. 0 Current situation of Traditional Japanese Medicine (TJM) and view for global standardization of Traditional East Asian Medicine (TEAM) The Japan Society for Oriental Medicine, Nagoya, Japan 5 June 2010

11. Seki T. Improvement of swallowing reflex after electrical stimulation to lower leg acupoints in poststroke patients. 5th International Congress on Complementary Medicine Research Troms?, Norway May 19-21, 2010

12. Seki T. History and Current Status of Traditional Japanese Medicine (TJM) International Seminar on TCM Standardization Shanghai, China January 25, 2010

<2009>
1. Iwasaki K. A pilot study of Banxia Houpu Tang, a traditional Chinese medicine, for reducing pneumonia risk in older adults with dementia. The 19th IAGG World Congress, Paris 5 to 9 July 2009

2. Yasutake Monma, Kaijun Niu, Koh Iwasaki, Takeda Takashi , Takashi Seki , Nobuo Yaegashi , Hiroyuki Arai, Ichiro Tsuji. Dietary patterns associated with fall related fracture in elderly Japanese: a population based prospective study」9th IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics. Paris from 5 to 9 July 2009

3. Iwasaki K: A traditional Chinese medicine YI-GAN SAN for the behavioral and psychological symptoms and activities of daily living in dementia patients. The 9th International Conference AD/PD 2009, Prague, Czech Republic, March 11-15, 2009

4. Yasuyuki Shiraishi, Shin Takayama, Takashi Seki, Norihiro Sugita, Satoshi Konno, Nobuo Yaegashi, Yoshihumi Saijo, Tomoyuki Yambe, Makoto Yoshizawa, Shin-ichi Nitta:Hemodynamics of the radial artery, the site of traditional pulse diagnosis. 2nd European Conference for Integrative Medicine 20-21 November 2009,Berlin

5. Shin Takayama, Takashi Seki, Masashi Watanabe, Shigeru Takashima, Norihiro Sugita, Satoshi Konno, Koh Iwasaki, Takashi Takeda, Hiroyuki Arai, Tomoyuki Yambe, Makoto Yoshizawa, Shigenao Maruyama, Shin-ichi Nitta, and Nobuo Yaegashi:Changes of blood flow volume in the superior mesenteric artery and brachial artery with abdominal thermal stimulation. 2nd European Conference for Integrative Medicine 20-21 November 2009, Berlin

B. 国内学会

講演、シンポジウム・ワークショップ等
1. 講演「漢方薬のモデル化の現状と問題点」関隆志 第291回 日本医療・病院管理学会 例会 筑波技術大学、つくば市 2011.1.23

2. ランチョンセミナー「高齢社会における漢方治療」岩崎鋼 日本性差医学・医療学会第3回学術集会2010.2.10東京

3. シンポジウム「呼吸器疾患と漢方(S8)」岩崎鋼 第61回日本東洋医学会総会2010.6.5名古屋

4. 講演「ISOにおける伝統医学の国際標準化へのわが国の取り組み」関隆志 全日本鍼灸学会関東支部学術集会 千葉市文化センター アートホール、千葉市2010.11.14

5. ISO関連国際シンポジウム 第61回日本東洋医学会総会 関隆志2010.6.6

6. シンポジウム「女性のライフステージにおける漢方治療」「婦人科癌治療患者における漢方治療に対する意識調査と不安状態に関する検討」武田卓 第30回産婦人科漢方研究会学術集会 2010. 9.12

7. ワークショップ「癌患者における各種愁訴対策としての漢方治療」「癌治療患者における漢方治療に対する現状と意識調査」武田卓 第47回日本癌治療学会総会 横浜2009.10.22

8. 特別講演 「女子高校生におけるPMS・PMDDの現状」武田卓 第556回日本産婦人科学会宮城地方部会集団会 2010年10月16日

一般演題会議録

1.大建中湯、黄連解毒湯の心拍出量及び上腸間膜動脈血流量に対する効果の検討。 高山真、沖津玲奈、岩崎鋼、武田卓、八重樫伸生 第107回日本内科学会講演会 (東京2010)

2. 日本老年医学会東北地方会。関隆志(2010)

3.第30回 医療情報学連合大会(第11回日本医療情報学会学術大会)。関隆志 2010

4. 日本東洋医学会東北支部会 関隆志 2010

5.「思春期女性におけるPMSの現状と漢方治療に対する意識調査」 武田卓。第61回日本東洋医学会(名古屋2010)

6.「女子高校生におけるPMS・PMDDの現状」武田卓 第39回日本女性心身医学会学術集会 (大宮2010)

7.「女子高校生におけるPMS・PMDDの現状〜アンケート調査結果より」武田卓 第29回日本思春期学会学術集会 2010

9. 「ターメリック・ウコン中の有効成分であるクルクミンによる子宮筋腫細胞増殖抑制効果」築地謙治、武田卓、李賓、近藤亜希子、若林敦子、木村正、八重樫伸生 第62回日本産科婦人科学会学術講演会 東京2010

10.「社会的ストレスと漢方 〜基礎的データを中心に〜」築地謙治、中田英之、石毛敦 第12回応用薬理シンポジウム 横浜2010

11.異なる経穴への鍼刺激における上腕動脈の血流量変化の比較検討 渡部正司,泉 正之,関 隆志,岩崎 鋼、八重樫伸生 第59回全日本鍼灸学会学術大会(大阪2010)

12. 皮膚表面電極を用いた下肢電気刺激による嚥下反射改善法の開発、日本老年医学会東北地方会 コラッセ福島、福島市 2010.10.30

13.正常眼圧緑内障に対する鍼灸治療の長期効果について、金子聡一郎, 関隆志, 岩崎鋼, 八重樫伸生 全日本鍼灸学会総会(2009)

14.好酸球増多・IgE高値を伴う難治性の副鼻腔炎が荊芥連翹湯で軽快した 一例、山崎都、岩崎鋼, 関隆志, 高山真, 沖津玲奈, 荒井啓行 日本東洋医学学術総会 (東京2009)

15. ISOにおける伝統医学の国際標準化へのわが国の取り組み 日本東洋医学会東北支部会 ホテルメトロポリタン盛岡、盛岡市 2010.9.26

16. 老年医学における鍼灸治療の実践 全日本鍼灸学会東北支部学術集会 MCL教育会館、盛岡市 2010.7.11

17.婦人科癌治療患者における漢方治療・代替医療に対する現状と意識調査 武田卓, 高山真, 沖津玲奈, 関隆志, 岩崎鋼, 八重樫伸生 日本東洋医学学術総会 (東京2009)

18.高齢者の食習慣と骨折リスクの関係 食養を科学的に検証する 門馬靖武, 岩崎鋼, 武田卓, 関隆志, 荒井啓行, 八重樫伸生 日本東洋医学学術総会 (東京2009)

19.腹部温熱刺激による上腸間膜動脈および肘動脈の血流変化に関する定量的評価 高山真, 関隆志, 沖津玲奈, 岩崎鋼, 武田卓, 渡部正司, 八重樫伸生 日本東洋医学学術総会 (東京2009)

20.橈骨動脈血流量に関する鍼治療の効果 太衝穴による血行動態変化 高山真, 関隆志, 山家智之, 西條芳文, 金野敏, 沖津玲奈, 岩崎鋼, 荒井啓行, 八重樫伸生, 仁田新一 日本内科学会総会 (東京2009)

東北大学病院 漢方内科
〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1番地1号
TEL 022-717-7736(外来)
患者様のお問い合わせ窓口は、外来となります