教授ご挨拶

先進漢方治療医学講座は、2003年10月株式会社「ツムラ」からの外部資金提供により寄附講座として設置されました。東洋医学としての漢方医学と西洋医学の両方に重心をバランスよく置きながら、これまで西洋医学単独では手が届かず、十分な成果が期待できなかった領域に伝統医学・漢方医学の力を活用する統合医学・統合医療を目指します。医学教育コア・カリキュラムに「和漢薬を概説できる」が追加されたことにより学生教育にも力を入れ高い評価を受けています。さらに、西洋医学サイドからの評価にも十分に耐えられるような漢方医学エビデンスを構築しながら、西洋医学サイドと協調して活躍できる漢方専門医を養成します。2008年4月より八重樫が講座主任を担当することにより、教室の守備範囲を産婦人科の漢方領域までも広げることになりました。平成20年8月からは標榜科としても独立し今後ますます発展する教室です。今、医療のあらゆる領域から広く人材を求めています。
教授 八重樫 伸生

東北大学病院 漢方内科
〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1番地1号
TEL 022-717-7736(外来)
患者様のお問い合わせ窓口は、外来となります