漢方外来・女性漢方外来

漢方外来
 漢方外来では漢方薬を用いた治療を希望される全ての患者さんを対象としています。ただし、現在他院・他科で治療中の方は必ず主治医の了解を得て紹介状を持参願います。また漢方薬の効果については極めて有効な場合から殆ど効果のない場合まで様々です。ご相談いただいた上で治療を実施するかどうかご一緒に検討させていただきます。
 一般に漢方治療が有効とされる疾患や病態は、以下の通りです。加齢に伴う様々な症候・障害(関節痛、物忘れ、認知症、インポテンス、頻尿、尿失禁、残尿感などの排尿障害、冷え性、めまい、耳鳴りなど)、小児の発育不良(虚弱児、風邪を引きやすい、ひきつけを起こしやすい、食事が進まない、夜尿症など)、女性の様々な病態(冷え性、更年期障害、月経困難症、不妊症など)、悪性腫瘍(癌)の補助的治療(術後後遺症の軽減、放射線や抗癌剤の副作用の軽減、各種治療後の体調回復や維持、再発リスク低減など)、神経難病(重症筋無力症、ハンチントン病、パーキンソン病の一部の症状など)、アレルギー素因に基づく病態(喘息、アトピー性皮膚炎など)、心身症(拒食、腹部膨満感、頑固な便秘や習慣性下痢など)、自己免疫性疾患(関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病など)の補助治療、虚弱体質(食欲不振、体重減少、疲労倦怠、風邪を引きやすくこじらせやすい、冷え性など)。
 なお、新規に受診を希望される方は、電話にてご予約ください。(022-717-7736(外来))

女性漢方外来
 産婦人科外来に、女性ならではの様々な愁訴に対応する専門外来を設置しました。→(詳細)

東北大学病院 漢方内科
〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1番地1号
022-717-7736(外来)
患者様のお問い合わせ窓口は、外来となります